スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.06.18 Thursday




れんあいって ふしぎ


恋愛は人を輝かせる。
でも同時に盲目にさせる。

恋愛はあたしにとって、媚薬であって麻薬でもある。

単に彼氏が欲しいんじゃない。
ぬくもりが欲しい よ。
2006.12.10 Sunday




ぼくの右手


人を好きになると、必ず周りが見えなくなる瞬間がある。
好きが募りすぎて誰かに伝えたくて、もちろん相手に伝えたくて。
でも少し経つと落ち着いてしまう。
後から考えれば、馬鹿げていたのかもしれないと思うこともよくある。

だけど。そのとき好きだった事実は消えなくて。
ずっと心のどこかにあって。

もし。量りがあったなら、あの日みたいな重さはないかもしれない。
でもあたしは彼を想う。
彼以上の人が現れない限り、ずっと。彼を想う。
何をするわけじゃなくても。


どうして。人はすれ違ってしまうのかな。。
2006.12.02 Saturday




にゃあああ
20061129_67390.jpg


あたしのバカ
高望みしちゃダメ。
わかってる。
わかってるけど‥

でもね。
とめられないと想う

どうしたらいいのかな
このままでいいのかな

全然わかんない・・・
全然わかんない。


あなたにとって、しあわせって何ですか?

2006.11.29 Wednesday




気持ちに気づいたの。
みっくんにすきだって言われたのは4週間ぐらい前のことだった。
それは、好きな人を好きじゃなくなったときだった。


みっくんに出逢ったのは一年位前。
出逢って、話して、すぐに気になった。
だけどそのときみっくんには、長く付き合っていた彼女がいて
好きでいられる理由なんてなかった。

春にみっくんが彼女と別れたって聞いたとき、また気になった。
でも彼女と別れた理由を聞いて、厭になった。許せない理由だった。
それからまた違う人を好きになって・・・時は流れた。


みっくんの気持ちを聞いたとき素直に嬉しくて、仲良くしようっていった。
それからは連絡取り合ったり、会ったり、
「みっくんて一途だよ。変な噂は全部嘘だから」って聞いたりして
どんどん惹かれていった。
一緒にいたいっておもう。すきなのかもしれない。


だけど。いま、あんなこと知りたくなかったよ。
元カノがまだみっくんをすきだなんて。。
知りたくない。聞きたくない。
お願い。みっくんを連れてかないで。

2006.11.25 Saturday




知らなかった。
ひとに想われることって知らなかった。
想うことしか知らなかった。

2006.11.07 Tuesday




まだ消えないでね


昨日、たった一時間仮眠をとっている間に夢をみた。

昔付き合っていた人に新たに彼女ができている夢。
夢の中で私は彼に気づいて欲しいとおもっていたけど、
彼女を連れているのをみて急に悲しくて、空しい気持ちになった。
あたしとは正反対のタイプで、めがねで清楚な子。
たぶん、彼が確実に前に進んでいるのを見て
置いてけぼりの気分になったんだと思う。
私は付き合っている時からそうだった。
いつもどっかで劣等感を感じてた。彼にとっての一番にはなれない、と。

だけど、前に進んでないわけじゃない。
これはただの夢だから。
とにかく今は自分のことだけで、余裕がない。
恋愛どころじゃない。
傷ついてる場合じゃない。
2006.10.18 Wednesday




大切をきずくもの


この人優しいなあ、と思ったらいきなり冷たく突き放されたり、
この人苦手かも・・・と思ってたら、すごく優しくされたり。
それってみんな無意識にしてること?

私は、いつも笑っちゃうくらい相手のペースにひきずりこまれてしまう。
分かってるのに落とし穴に落ちるときもある。
やったあ、ってけなげに喜んでたら、一気に奈落のそこに落とされることもある。

-----
7月に好きになって、8月に本気で好きになって、初めて話して
9月に奈落のそこに突き落とされた。10月はよくわかんない。
もうどうにでもなれ。
いつかこれまでのことを、一緒に笑ってお酒飲んで話せたらいいや。
昨日まで、そんな風に開き直ってた。

全部ぱあになった今は、今までやってきたこと無駄じゃなかったって
思うしかない。空しさだけがこみ上げるけど。

そしてこういうときに限って、誰かが手を差し伸べてくれるんだよなあ。
どうして、あの人にはそう思ってもらえないんだろう。
いつでも私は私でしかなくて、私以上にも私未満にもなれないよ。
でもこうやって想い出をなぞれば、少しは成長できるかもしれない。
たぶんまだ未練。
2006.10.15 Sunday
 | 1 / 1 PAGES | 

 admin
 powered by jugem